体調 乳酸菌

乳酸菌で便秘改善

皆さんは便秘で悩んだことはありますか?
現在は改善されましたが、私は過去に慢性的な便秘で悩んでいました。
そんな私の腸が正常に昨日するようになったのはヨーグルトを毎日食べるようになったからだと思います。

 

様々な種類の乳酸菌がありますが、一部は腸内環境の正常化に役だつとされています。
よくCMでヨーグルトの腸内環境正常化について流れていますよね。
ヨーグルトに使用されている乳酸菌にも色々な種類があり、人それぞれ腸内に持っている細菌が違うので自分に合った乳酸菌を選ぶことが大切になります。

 

あくまでも自然由来の成分ですので効果自体が非常に高いと云うものでも無い気がします。
続けることによってはじめて腸内の善玉菌の活動を助け、活性化させる働きを維持できるのではないでしょうか。
私の場合はヨーグルトを食べる生活を1ヶ月サボったら便秘に戻ってしまいましたので。

 

よく、話題のヨーグルトを試してみたけど効果が無かったと云う話も聞きます。

 

私も色々試してみて7種類目くらいでお通じの良くなるヨーグルトに出会いました。
それまではどれを食べても効果が現れなかったのです。
きちんと自分に合った乳酸菌を選ぶことで初めて効果が得られるのではないかと私は思います。
最初のうちは色々試してみることも大切ではないでしょうか。

若返りを目指すなら、アンチエイジング効果のある乳酸菌がおすすめ

年齢を重ねるごとに、肌に弾力やスベスベ感がなく、くすみがちになります。
これらは、いわゆる老化減少…。老化の原因は主に、活性酸素と呼ばれる体を錆びさせる働きをする物質が体の中で多くなるからです。
活性酸素は常に私たちの体の中にあるもので、外から侵入してくるウィルスなどを退治する良い役割を持つ、体を守る上では必要不可欠なものでもあるのですが、年齢を重ねたり、不規則な生活をすることで、活性酸素の量は増えてしまうのです。

 

この増えすぎた活性酸素を抑制する効果があるのが、乳酸菌。
ヨーグルトやチーズ、納豆や漬物に豊富に含まれている乳酸菌は便秘解消など、腸内環境を良くする働きがあることは皆さんご存知だと思いますが、活性酸素を少なくするという効果もあります。
腸内に長い期間、便が残っていると有毒ガスが発生します。この時に活性酸素も多く発生するのです。その有毒ガスや活性酸素は、血液に乗って体の隅々まで届き、老化を始め、コリや疲れ、ニキビや肌アレなどを起こす原因になります。
ですので、活性酸素を多く発生させないためには、乳酸菌でおなかの中を常にキレイな状態にしておくことが大事だと言えます。
毎日たっぷりの乳酸菌を摂って、アンチエイジング効果をぜひ実感してみてください。

コレステロールが気になる人には乳酸菌

乳酸菌は、便秘や下痢などに効くだけではなく他の効果もたくさん発見されてきており、最近さらに注目を集めています。がんやインフルエンザ予防、アレルギーなどの花粉症対策、ダイエット効果の他に、コレステロールを下げる効果もあるということが分かっ入っててきています。

 

コレステロールと聞くと「メタボ」や「生活習慣病」の原因として頭に浮かぶと思いますが、実はコレステロール値は低ければ低いほど良いというわけではないのです。コレステロールとは、腸から血液に入って全身に回り、胆嚢からまた腸内へと分泌されます。コレステロールが多すぎると、高血圧や動脈硬化が原因で起こる心筋梗塞や脳梗塞の可能性が高くなってきます。また逆に低すぎると、血液中の血球や血管の細胞膜が弱ってしまうので、コレステロール値は一定のバランスを保つことが大切だといえます。

 

乳酸菌を継続して毎日摂り続けると、コレステロール値が下がったという臨床実験結果が出ているそうです。また、コレステロール値が標準である人が取り続けたとしてもコレステロール値に変化があまり見られなかったことから、乳酸菌にはコレステロール値のバランスに効果的であるといえるでしょう。

 

コレステロールが気になる人もそうでない人もぜひ一度乳酸菌を毎日健康のためにとってみてはいかがでしょう?